本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

僕は確信しています。

一度も血を吸うことなく死んでいく蚊がいるということを。

餓死する蚊がいるということ。

もちろん、蚊は人間だけでなく、犬や猫や豚の血も吸っているのでしょう。

でも、豚にすら出会うことができず死んでいく蚊のイメージが頭から離れない。

血を求めてフラフラと飛び回ったあげく、結局はマンションのベランダかどこかで干からびている蚊のイメージが頭から離れない。

もしかすると血を吸う機会に恵まれず死んでいく蚊の方が多いのかもしれない。

なんだか切ない話です。

でも、僕は刺されたくないです。

終わり。