本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

禅問答 その三

尚然と角推が菩提樹の下で議論していた。

想ふとはなんぞや

木の目の心なり

心の目の木なり

心の木の目なり

否。目の木の心なり。

否。目の心の木なり。

そこへ師、現れ曰く。

順を変えども想うは木と目と心からなるゆえ、我想う。人間とは考える想うなり。

弟子は身を投げ打って涙したと伝えられている。