本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

秋葉原のすしざんまい

お題「好きな街」
秋葉原には会社帰りに時々寄ります。
実をいうと僕はいまだに「秋葉原=オタクの街」というイメージから抜け出せないでいるのですが、それが時代遅れの偏見であることは重々承知しています。
第一、本当に「お宅」なら秋葉原まで出てこれるはずがありません。
(このギャグ、もしかすると使い古されているかな?)
真のオタクはアマゾンでフィギュアを注文します。
半魚人です。
(このギャグは斬新な気がする)
でもやっぱり僕は、エヴァンゲリオンの女の子より松嶋菜々子に燃える(萌えない。あくまで燃える)。
エヴァンゲリオンの女の子は身体バランスが悪い。
でも、そんなことを言ったら、「のらくろ」の絵もあまりリアルではなかった。
「真のオタクとはのらくろマニアの半魚人である」
で、話を戻しますが、秋葉原には100以上のお店があります。
そんなこと当たり前じゃないかと言われるかもしれませんが、本当のことなので仕方ありません。
話がとりとめなくなってきましたね。
さて、僕の場合、秋葉原のイメージ色は黄色です。
総武線の車両が黄色だからかな?
ちなみに御茶ノ水は中央線の赤です。
話を秋葉原に戻しましょう。
僕が好きなのは秋葉原バーガーキングなのですが、二階席が少ないのが残念です。
そういえば、昔、名前は覚えていないけど、秋葉原の大きなCD屋さんによく通ったな。
そうだ、石丸電気、クラッシック館!
品揃えが豊富だったけど、輸入盤に「紙みたいな背表紙」が付いていて、むしろ探しにくかった。
あれには参ったな。
で、話を戻しますと、僕は秋葉原が好きです。
なぜかというと、JRの駅とヨドバシカメラの間にバスターミナルがあって、そこに面したマクドナルドの二階が意外と広いからです。
ちなみに、ヨドバシカメラの一階にあるすしざんまいには行ったことがありません。
ノート型パソコンを買う前に寿司を食うべきなのか、買った後に食うべきなのか、判断できないからです。
終わり

にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
にほんブログ村