本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

無駄なコラム

お題「ムダ遣い」

ご承知のとおり、僕は自分の文章を「シュール」と呼ばれるのが嫌いです。

そのことについては、昔、すでに書いているので、下記をご一読ください。

http://honya-taisyou.hatenablog.com/entry/2017/01/24/233731

で、どうやったら、シュールと呼ばれるのが好きになれるか?というのが、今回の無駄なコラムの主題です。

ちなみに、いま隣の席にいる生保レディーが可愛すぎて執筆に集中できません。

あともう少し、唇が薄ければな。。

なんの話でしたっけ?

ムダ遣い、でした。

この記事、すでに相当に無駄ですね。

無駄書き。

注目してもらいたいのは一行目。

ご承知のとおり、僕は自分の文章を「シュール」と呼ばれるのが嫌いです。

いきなり「ご承知のとおり」と言われても困りませんか?

そうして、二行目はこうです。

そのことについては、昔、すでに書いているので、下記をご一読ください。

ならば、ますます、一行目の「ご承知のとおり」はムダ遣いだった気がしませんか?

告白すると、隣のテーブルには生保レディーが1人ではなく2人います。

勧誘されているのは三十歳位の男性です。

僕は、どっちが可愛いのか迷っています。

かなり本気で。。

ちなみに、いま僕がいるドトールの店員(男性2人)はラーメン屋みたいに「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」を連呼するので、この店には入って来る客の方が多いのか、出て行く客の方が多いのか、全くわかりせん。

引き算したくても、問題が成立していなければ、答えようがないのです。

終わり