読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

小林一茶と四十雀

お題「ここで一句」

残念ながら僕は、野花を見ても、あなたに「これはサクラソウ、あれはコブシだよ」なんて教えてあげることができません。
無知だからです。
『花の名は。』
残念ながら僕は、鳥のさえずりを聞いても、あなたに「あ、メジロが鳴いてる、あれはヒヨドリだ」なんて教えてあげることができません。
無学だからです。
『鳥の名は。』
でも、無知で無学なのは僕だけではありません。
皆さんご存知、小林一茶もこんな句を読んでいます。
むづかしやどれが四十雀五十雀
これをうけて、一茶よりも無知で無学な僕はこう詠む。
むづかしやどれが四十肩五十肩
でも、これでは単なる駄洒落です。
無知で無学で、かつ駄洒落好きな男。
最悪です。

もうちょっとがんばってみましょう。
むずかしやどれが正解不正解
単なる勉強のできない学生になってしまいました。

終わり