読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

【体験記】ブログでモテたいなら、まず自分のツラを見ろ

僕が好きになった女の子は300人くらいいます。

そのうち現在進行形は3人。

時々、思い出す子が7人です。

過去進行形な女ですね。

男なら、まあそんなもんでしょ。

と、ここまで書いてきて、過去進行形の女達への想いが突然溢れ出てきました。

現在進行系になっちゃったわけです。

で、もしも、ですよ。

で、もしも、僕が彼女達の誰かと2人きりで、おしゃれなレストランで食事をし、2人ともワインでほろ酔いになりながら、なにか言いたいことがあるようなないような感じで夜の街を歩きまわったりし、ちょっとスタバででも休もうかということになったりし、2階のカウンター席に座ったらタクシーの列が見えたりし、

そんな「し」まみれ状態で、僕が「俺、ブログ書いてるんだ」って言ったらどうなるのか?

僕はそれが知りたいのです。

ブログは追い風か否か?

確かに、1つのスマホを2人で覗き込んで、◯◯さんってこんなこと書いてるんだ、なんておしゃべりしているのは仲睦まじい光景ですよね。

でも、メンドくさい印象を与える可能性も否定できない。

それどころか、ブロガーって、なんだか気持ち悪いといえば気持ち悪い。

覆面かぶってそうな。

その上で、『トランプは本当は下戸なんだ』みたいな記事を見せられてもドン引きですよね。

あ、いま僕、激烈な失恋エピソードを思い出した。

あの子、元気でやってるかな?

あらら、現在進行形の女がまた1人増えちゃった。

終わり

(この記事、起承転結のへったくれもないところが格好いいでしょ。彼女からのメールが来ないので、気もそぞろなんだ)