本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

後鳥羽上皇 恋の歌

お題「好きな短歌」

新古今和歌集

後鳥羽上皇

風の音のそれかとまがふ夕暮の心のうちをとふ人もがな

 

【僕の現代語訳】

風の音がそれだったのかと迷う夕暮れの心の中を聞く人だなあ。

【僕の解釈】

夕暮れに「風の音がそれだったのか!いやそうではないのかも」と迷っている心をあんまりズケズケと聞かないでよ。

 

うーん、ですね。