読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

【閲覧注意】又吉直樹さんの『火花』を読みました

こんばんは。

いま僕はガストというファミリーレストランにいます。

平日なので意外と空いています。

ピザを食べながら2時間かけて『火花』を読み終えました。

僕の正面のテーブルには5人のサラリーマンがいて、居酒屋状態で生ビール片手におしゃべりしています。

アルコールが回って、声が大きくなってきました。

僕は人の話を盗み聞くのが趣味なので、『火花』を読みつつ、彼らの話のポイントポイントを押さえていたのですが、先ほどから話題が「男の遊び」になってきました。

歌舞伎町でどうこう、といった話です。

で、通路を挟んで隣のテーブルを見たら、四十代前半とおぼしき母親と小学生くらいの子供達が、下を向いて、体を硬くしながら食事している。

僕は義憤を感じた。

メロスは激怒した。

ガストを居酒屋と勘違いしているアホリーマンどもを話ができなくなるほど痛めつけてやりたい。

爪を剥いでやろうか。

でも、せっかく『火花』を読んだばかりなので、彼らがドン引きするような冗談を言ってやろう。

なにがいいかな?

蝿川柳だな。

(蝿川柳、本当に作中に出てきます。以下は僕のパロディです。オリジナルと違って、僕の川柳には安っぽい悪意しかありません)

黒眼鏡 慣れた手つきで 蝿しばる

胡麻豆腐 蝿が10匹 穴を掘る

トランクス 蝿の目玉で デコってる

と思っていた矢先、母娘は店を出て行きました。

自虐的すぎるかもしれませんが、僕の冗談を聞きたくなくて出て行った気もします。