読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

そして誰もいなくなった

お題「何回も見た映画」

小学生四年生のころ、『そして誰もいなくなった』旋風が吹き荒れていました。

「お前はいるだろ」という低レベルなギャグが流行ったほどです。

そんなある日、おませで金持ちな高村君がみんなより先に『そして誰もいなくなった』を観て、自慢もかねて、ガンガンあらすじを言いふらしてしまいました。

すると、いじめっ子の齋藤君が高村君をぶん殴って、「俺、明日、おばあちゃんと観に行くの楽しみにしていたのに、行く気なくなっちゃったよ」と言いました。

クラスの人気者、佐々木君も「観に行くために、お小遣い貯めていたのに、なんだか馬鹿らしくなっちゃった」と言いました。

絶世の美少女タマミちゃんも、同じようなことを言いました。

そうして、高村君の周りからは誰もいなくなりました。

で、ここからが衝撃の結末なのですが、オチがわかっちゃったとはいえ、なんだかんだいって、みんな映画を楽しみにしていたので、高村君の目を盗んで、一緒に映画館に行ってみたのです。

そうして、あまりにも怖かったので、みんな途中で映画館を飛び出してしまいました。

文字どおり誰もいなくなったわけです。

でも、みんな、高村君のおかげで、真犯人が誰か知っていたので、なんとなく満足して、それぞれの家に帰り、お風呂に入る前にもう一度ぶるっと震えた後、アイスクリームの夢を見ながら眠ったのでした。