読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

イマイチもりあがっていない合コンを立て直す方法

決められない

イマイチもりあがっていない合コンをそれなりに立て直す方法の1つとして、

「自分が見たことのある有名人自慢ゲーム」

があります。

ルールは簡単。

参加者全員が、自分の見た一番スゴイ有名人を自慢するだけです。

ただし、ここはあくまで合コンですから、ただ自慢すればいいってものじゃない。

センスが問われます。

細かい説明は省略して具体例を挙げましょう。

今回は3対3の合コンを例にとります。

全員アラフォーなので、やや殺気立っています。

男A「ミック・ジャガーだな。東京公演。ミック、知ってるよね。ストーンズのボーカル」

男B「杏さんかな。人形町でロケしているところを見たんだ」

男C「ゴルバチョフだね。ホテルのラウンジに座っていたら、講演を終えたゴルバチョフ夫妻が目の前を通った。世界を動かした人だから最強でしょ」

女A「安倍晋三さんかな。街頭演説していたところを見たの。日本を背負ってる男って感じがビシビシ伝わってきたわ」

女B「美智子皇后様。小澤征爾さんのコンサートに行ったらすぐ近くにいらっしゃって心臓止まっちゃった」

女C「中居正広さんかな。人形町でロケしているところを見たんだ」

というわけです。

さて、ここからが肝心。

6人はピザを食べ、ワインを飲みながら話し合ったわけですが、徐々にそれぞれの人間性が浮き彫りになり、化学反応が生じてきたのです。

こんな感じ。

女Aのマッチョ思考に男Aと男Cが反応。女Aは男Cのインテリ感に惹かれてカップル成立。しかし、その後、2人はプライドの高さユーモア感覚の欠如が災いして破局ゴルバチョフさんは偉大に決まっているし、安倍さんを選挙演説で見たって全然自慢にならないじゃないですか!

女Aにフラれた男A。音楽という共通の趣味があるという理由で強引に女Bと交際開始。しかし、ローリング・ストーンズ小澤征爾の違いは明らかで、あっという間に破局。2人とも先見の明がなさすぎです。

最後に男Bと女C。2人には有名人をたまたま人形町で見たという控えめで家庭的なセンスがある。したがって、この2人は今でもいい感じで交際しています。

しか~し、ここからが怖い話になります。

男Bは売れる前の松嶋菜々子とマックで相席したというド派手なネタを持っていたのです!

女Cも電車で居眠りしていた売れる前の福山雅治に寄りかかられたというド派手なネタを持っていたのです!

にもかかわらず、そのことについては話さなかったのです。

この辺の抜け目のなさ。わかりますか?

これこそ、恋の駆け引きです。

終わり 

(ちなみに最後の松嶋さんと福山さんの話以外は僕の実体験です)