本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

「google 翻訳」でブログします3

原文(下記参照)

honya-taisyou.hatenablog.com

英訳

I always doubt whether to write as Suzuki, to write as sweet, to write as thin, as to write as spawn.
I wish it would be nice if "thin" and "bouquet" were more formidable figure characters.
I feel a nuance like "lost country" something in the bridge.
On the other hand, Suzuki is too sharp, and the rinse has the disadvantage that it is easy to be buried when surrounded by hiragana.
"I passed Sususu yesterday"
"Buckwheat" is conspicuous and it seems to be a story that eaten soba.
Even so, it seems to me that the whiskers are dying all the year.
What do you mean by always being withered?
The reason why I can not remember the luscious azalea is that,
It seems that it seems as if you are talking about the sea, because "Natsu", "Ao" and "Hiroboro" are noticeable, like "It is like a long time ago when Aoi is spreading".
Love you can hide secretly like a spring

和訳(再翻訳)

私はいつも鈴木として書くか、甘く書くか、薄く書くか、スポーンとして書くかどうか疑問に思う。
「薄い」と「花束」がもっと魅力的な人物であればいいと思う。
私は橋の中の何か「失われた国」のようなニュアンスを感じる。
一方、鈴木はあまりにも鋭く、すすぎにはひらがなに囲まれて埋もれやすいという欠点があります。
「昨日ススースに合格した」
「そば」は目立つし、そばを食べる話のようです。
それでも、ウィスカーは一年中死んでいるようです。
いつも枯れているのはどういう意味ですか?
私が甘美なツツジを覚えていない理由は、
「葵が広がっているのはずっと前」のように、「夏」「あお」「ひろぼろ」が目立っているように、あなたが海のことを話しているようです。
あなたは春のように密かに隠れることができる愛