本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

時事ネタになっているのかわからないシリーズ2

僕は以前、稲田月美さんという女性と交際していたことがあります。

当時の僕は、彼女に金をせびってパチンコに行ったり、株や土地を買ったり、イケメン政治家と一緒に合コンでオイシイ思いをしたり、スーダンに遊びに行ったり、センスのないスーツを着たり、どうしようもない非国民な男でした。

でも、優秀な女性というのは時々魔が差してロクデモナイ男と付き合っちゃったりするのです。

僕は優秀すぎる彼女の孤独を利用したわけです。

もちろん僕は半年も経たないうちにドブに捨てられました。

今では金がなくてスーダンから帰ってくることさえできません。

ちなみに彼女は「ツキ」を取り戻すため改名したそうです。

だから今、僕が付き合っていた稲田月美という女性はこの世に存在しません。

どこかで幸せに生きていることを祈ります。