本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

第四夜 アラサー、大手商社マンと合コンしてきました!

前回とメンバーは同じです。

男性陣
A 商社マン 33歳 バツイチ イケメン
B 商社マン 30歳 デブ
C 商社マン 28歳 チビ

女性陣
ア 女子アナ 33歳 姉御肌
イ 女子アナ 32歳 不思議ちゃん
ウ 女子アナ 26歳 男に興味なし

遊びなれているAは、お通しを何回お代わりできるかゲームなんてしません。

俳句です。

共通の季語で俳句を作り、そのあとに相性をチェックする。

今回の季語は「バレンタイン」。

勝負どころです。

A バレンタイン 安いチョコでも いいですよ
B バレンタイン 腹持ちのいい チョコがいい
C バレンタイン 棚上のチョコ 届かない

ア バレンタイン チョコを買う気が なくなった
イ バレンタイン 口のまわりは チョコだらけ!
ウ バレンタイン 私はそんなに 好きじゃない

でたー。

みんな本気モードに突入です。

状況をわかってないのはAだけ。

梯子を外されました!

アは当分男なしでやっていく模様。

そこで、Bがイに猛然とアタックし始めました。下の句「チョコがいい」と「チョコだらけ」の感性の類似をアピールしたわけです。

しかーし、なんということでしょう!不思議ちゃんのイはイケメンAの「安いチョコ」にかすかな恋心を抱いてしまったのです。

というわけで、今回も消去法的にCとウがペアになったのですが、Cとウの下の句「届かない」と「好きじゃない」のダブル否定形に二人は徐々に将来の不安を感じ始めました…。

合コンは白紙に戻った!

これからどうなる?

終わり