本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

椎名林檎さんから自立できない

最近の僕は椎名林檎さんの名前をお借りしたことによって発生したバブル(2007年2月6日のアクセス数急上昇)の味が忘れられず、妙に人の顔色を窺った卑しい文書を書くようになってしまいました。

僕だっていつまでも椎名林檎さんに頼っているつもりはありません。

でも、自分の名前では稼げないのです。

どうしよう。

実は最近ものもらいがひどくなっています。

スマホのいじりすぎでしょう。

でも、眼科に行く金がありません。

僕は幼いころ親父に言われました。

「死んでもヒモにはなるな」

歳の端も行かない息子にむかって、なぜあそこまでヒモにこだわったのかはわかりませんが、もしかすると当時からその片鱗は垣間見えたのかもしれません。

ものもらい サイズの過密 君の腿

(「サイズの過密」については前回の「トイ・プードル」を参照してください)

というわけで、本日はこれでお開き。

明日と明後日については記事数ではなく内容で勝負してみたいと思います。

椎名林檎さんとは腐れ縁になる前にここで関係を終わらせます。

ありがとう。お幸せに。

おやすみなさい。