本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

ファミレスのランチスープについて

皆さんはファミリーレストランを知っていますか?

安い、旨い、でも注文の仕方によっては意外と高くつくレストラン。

いわゆるファミレスです。

ファミレスについては、語りたいことがメニューの数ほどあるのですが、今日はその中から比較的地味目な話題を取り上げてみることにしましょう。

ランチスープについてです。

ファミレスを知らない人にとってはさっぱり意味のわからない話でしょうが、ファミレスを知らない人がファミレスのランチスープについて知っていたら、それこそ木を見て森を見ずですね。

大抵の場合、ファミレスでランチをオーダーするとスープもついてきます。

飲み放題です。

ただ「そこのボーイさん、スープおかわりお願い」みたいなやり方ではなく、客が自分で取りに行く、いわゆるセルフサービスなシステムをとっています。

で、ここからが問題なのですが、大抵の場合、スープ置き場はドリンクバーの隣にあるのです。

よりにもよって。

ドリンクバーはわかりますよね。

ファミレスに行ったことがあるのに、ドリンクバーを知らないとしたら、今度は森を見て木を見ず、です。

念のため、一応簡単に説明しておくと、ドリンクバーとはノンアルコール系のドリンクをいくらでもゲットできる場所を指します。

コーラからハーブティーまでなんでもあります。

客は数百円払うだけで、ドリンクバーではやりたい放題です。

コーラ、カルピス、アイスコーヒー、ココア、ウーロン茶等々、際限なく飲めます。

水筒に入れて持ち帰らない限りはなんでも許される。

だから客はドリンクバーの隣にあるスープも飲み放題だと勘違いしがちです。

そこでファミレス側はスープ置き場に「スープはランチを注文した方以外はご遠慮ください」みたいな表示をし、スープ置き場とドリンクバーの違いを強調している。

で、なんでこんな枝を見て木を見ず的な話を延々としているのかというと、ファミレスはスープについてガードが固すぎるような気がしてならないのです。

ファミレスのスープはそれほどプレミアムなものに思われません。

言いにくいけど、味的にそれ程プレミアムではない。

だからスープは(ランチを頼んだ人以外には)飲み放題になってないことが仇となって、どことなく「無意味にえこひいきされてる高校生」ぽくなっているのです。

葉を見て枝を見ず的な話になってしましましたね。

ではまた。