本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

椎名林檎さんのおかげでバブルです

昨日、『できれば椎名林檎さんに主演してほしいドラマ』をアップしたところ、信じられないほどアクセス件数が急増しました。

バブルです。

僕は先ほど苗場プリンスホテルに電話をかけてクリスマスイブのスイートルームを予約しました。

ホワイトデー用にティファニーのネックレスを10個買いました。

僕がバブリーだと知ったら確実に近づいてくる女が6人いるし、他にも4人くらい境界線上の女がいるからです。

10人を超えたら、その子にはなにもやりません。

どうせそれでもまとわりついてくるでしょうから。

いわゆるグルーピーです。

でも、もしバブルがはじけたら、ネックレスで首を吊るしかありません。

とはいえ、ネックレスって首を吊るに足りる長さがありましたっけ。

10本つなぎ合わせるしかない。

しかし、それなら長すぎて、僕は床に這いつくばることになりかねない。

話が脱線しました。

お願いがあります。

この辺でもう1回、本ブログを最初から読み返して欲しいのです。

椎名林檎さんの名前にすがる前から、僕はそれなりにがんばっていました。

例えば1月22日付けの『自己紹介4』。

あの時に僕は「俺をシュールと呼ぶな」と高らかに宣言しています。

2月3日付けの『「君の名は。」の続編?』では、僕が書いたアニメの脚本『君を追う僕からの手紙』を読んでくれと卑屈に懇願しています。

1月29日付けの『隅研吾さん』では隅研吾さんをリスペクトし、1月31日付けの『トランプさんのネクタイ』ではさりげなくオバマ前大統領をリスペクトし、2月5日付けの『華春瑩さん』では禁断の恋を告白しています。

実を言うとネックレスはリボ払いで買っちゃったので、結構ヤバイ状態なんです。

火の車なんです。

リボッているのです。

バブリーでリボリー。

ではまたね。

http://honya-taisyou.hatenablog.com/entry/2017/01/21/233342