本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

切なすぎるアニメ『君のあとを追う僕からの手紙』6

『君のあとを追う僕からの手紙』

最終回

8月23日

 (病室で啓太からの手紙を読む結衣。おそらく何度も読みかえしている。啓太、病室に飛び込んでくる)

啓太  結衣!

結衣  啓太!

(長い間、見つめあう二人)

結衣  マジかよ。マジで来たのかよ。

(長い間、見つめあう二人)

結衣  電話くれたら、少しは…。

(結衣、下を向き自分が履く男用サンダルを眺める)

啓太  結衣。はっきり言うよ。俺、なんて言ったらいいかわからない。ごめん。俺、結衣を治す方法どころか、結衣になんて言っていいのかすらわからない。

結衣(下を向いて)そうだよな。なんて言っていいかわからないよな。

(長い間、見つめあう二人)

結衣 握手でもするか?それとも(自嘲気味に)壁ドンでもしようか?俺たちがやったら相撲になっちゃうけど。

啓太 (突然、結衣を病室の壁に押し付けキスする)

結衣  ひげ、剃っておけばよかった…。

啓太 お前、あと何ヶ月だ?

結衣(しばらく間をおいて)2週間。

啓太 …。

結衣 …。

啓太 俺、これからすぐ山口に帰るよ。今から猛勉強すれば、もしかすると来春、医学部に入れるかもしれない。そしたら、お前みたいな奴、救えるかもしれない。

結衣(くしゃくしゃな笑顔で)もう1回、ドンできる?

(病室から見える青空。蝉の声。ジ・エンド)