本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

切なすぎるアニメ『君のあとを追う僕からの手紙』2

『君のあとを追う僕からの手紙』

シーン2

6月1日

 教室の黒板に啓太と結衣の相合傘が書かれている。その横にはとてもじゃないがアニメ化できないような落書き。放課後。啓太と結衣はそれを無言で見つめている。

 結衣 ひどすぎる。

啓太 …。

結衣 先生のところに行こう。

啓太 写真とってからにしない?

結衣 なんで?

啓太 結衣が嫌なら撮らない。

結衣 消そう。すぐ消そう。

(黒板消しを手に取る。啓太にも渡す)

啓太 消す前にちょっといいかな?

結衣 どうして?

啓太 脳裏に焼き付けておきたいんだ。

結衣 …。

啓太 覚えたよ。

(啓太、突然、結衣を黒板に押し付けてキスする)

結衣 バカ。啓太って本当にバカ!それ、必ず消しといてね。

(結衣、泣きながら教室を飛び出す。結衣の背中には黒板の相合傘が反転して写っている。啓太、ブレザーのポケットからスマホを取り出だす。しばらくそれを眺めた後、結局ポケットにしまい、黒板を拭き始める)