読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

季語「若葉」

お題「ここで一句」 雨やんで 口喧嘩だね 若葉かな (比較的というか、かなりの駄句です)

クイズ部

今週のお題「部活動」 僕は中高一貫校に通っていました。 その6年間、クイズ部に所属し、青春の全てをクイズに捧げました。 顧問の先生の熱血指導のもと、僕はメキメキとクイズの腕を上げ、高校2年生の時には、東アジアクイズ王選手権(高校生個人の部)で銀…

石置48

深鳥

お題スロットに申し訳ない

お題「これって私だけ?」 僕はお題スロットを用いてブログを書くのが好きなのですが、今回は大失敗しました。メンゴ。 僕は幼い頃から勝負事が嫌いでした。 スポーツやオセロ等々、まさに最悪です。 負けると悔しくてたまらない。 (かといって、上達しよう…

置石47

石置46

凡にてあらず。

マネージャーの面影

今週のお題「部活動」 いま思えば、むさ苦しいラグビー部のマネージャーに志願してくるような女は(以下省略)。 でも、高校生だった僕はあの女を(以下省略)。 なので、僕はあの女の似顔絵を描いて、財布に入れてました。 それがこの絵です。 Twitterも読…

石置44

重傑

絶対に囲っておくべき3人の神女

お題「新生活」 僕が生き返ってから3日になりますが、特にマスコミの取材もないし、母親からは「お前、遊びまわってばかりいないで、たまには勉強しなきゃダメよ」と言われただけです。 でも、2つだけ変化がありました。 1 「神」という単語を連発するよ…

フォーレのバイオリン・ソナタ

お題「桜」 桜の花が散ると、 空は嬉しそうに、 それ見たことかと膨張し、 ああ、僕たちは、 笑い転げる子供のように合鍵を作り、 フォーレのソナタでも聴きながら 茶色に縮こまった桜を見て知るのだ。 空が僕らより ずっとずっとはしゃいでいたことを!

石置43

二列の極。一と二の接に三と四の接。 五が引いて一つ。

花粉

お題「花粉症」 僕の処女作のタイトルは『花粉』でした。 時代小説なのですが、死を覚悟した松吉がお芳に「俺が花粉みたいだったら、春になるたびに、お前にまといつけたのにな」というのがラストシーンでした。 実をいうと僕は「まといつけた」が文法上正し…

ジャパニーズ・ジョーク

お題「好きなお笑い」 1 金が欲しいなあ。 除夜の金でも欲しいくらいだよ。 お前は坊主か。 2 俺がもし東大に行っていたらなあ。。 どうなったの? 塾の宣伝に使われてた。 3 雨、止まないかな。 なんで? 傘差してる人が減るから。 4 タクシーで行かない? …

平成万葉集から三首

お題「好きな短歌」 はなぞかし もぐりもぐりと なはらずも むめさぐりけん きみのよこつけ 現代語訳 満開の桜の中を漂うように、枕に触れる君の頬から夢を探りあてたいものだ あさたても そはそにもゆく きしのてつ えもゆきたてし めもせたきひも 現代語訳…

みんな生きている

お題「100年後の世界はどうなっている?」 これは直感ですが、来年あたり不老不死の薬が発見されそうな気がします。 そうすると、その薬が発見された時点で生きている人は、みんな100年後も生きていることになります。 「おう、お前も生きていたんだ」みたい…

私小説な自己紹介

今週のお題「自己紹介」 おはようございます。 突然ですが、明治とか大正とか、とにかく大昔に「私小説」という間抜けな流行がありました。 志賀直哉とか。 そんな感じで今朝の僕を自己紹介するとこんな感じになるでしょう。 窓を開けると、葉桜の葉の部分が…

再び浅田真央さんについて

先ほど朝7時のニュースで浅田真央さんの引退会見を見ました。 やっぱり浅田さんは特別な人だったんですね。 普通じゃありません。 すっかり感動してしまいました。 ひねくれ者の僕ですが、素直にそう思いました。 洋服も素敵だった。 スケートの時のユニフ…

相田みつをさん的にツイートしてみました

1 駅にエスカレーターがあるだけでいい 2 電車が空いてたら、うれしい 3 寝過ごしたら、ヤバい 4 一生始発、一生終電 ↑ 自信作です Twitterも読んでねhttps://twitter.com/honya_taisyou

浅田真央さん、お疲れさまでした

僕はフィギュアスケートのテレビ放送、ライブでは見ません。 緊張に耐えられないからです。 僕は結果を知った後に録画で見ます。 浅田真央さんよりメンタルの弱い人間が、ポップコーン片手に彼女を応援できるというのは、非論理的な気がしませんか? さて、…

僕がいま乗っている電車内で起こっていること

僕はいま電車に乗っています。 それなりに混んでいるので座れません。 ドアにもたれかかってボーッとしています。 少し離れたところに男性が2人います。 2人とも普通のスーツを着、普通のカバンを持っています。 間違いなくサラリーマンです。 50代だと…

反対方向に歩くOLさんへ

僕の住む街はなんの変哲もない住宅地だ。 朝の通勤時には、ほとんどの住民が最寄駅に向かって歩く。 そんな中、彼女は(恐らく駅から出てきて)住宅地の方に向かっていく。 僕とすれ違う場所は毎朝ほぼ決まっている。 朝帰りといった感じはしない。 夜勤明け…

辞世の歌

お題「好きな短歌」 つかれなく 熱もないのに かったるい 布団の中は 蒸れているなあ 田丸明秀、辞世の歌。 とはいえ田丸は、この歌を詠んだ後、たまたま死んだだけで、歌自体に死の影はない。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

お題「何回も見た映画」 何回も見た映画といわれると、不本意ながら『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と答えざるを得ません。 なぜならば、なんとなく「循環」しているような気がするからです。 僕はこの映画、本当は1回しか観ていないと思うのですが、そ…

お蔵入りしていた調味料についての詩

お題「好きな調味料」 世界の食材(2015.6.9) シイタケの森にタバスコの雨が浸透するアスパラガスがシイタケを追い抜くニョクマムがタバスコを凌駕する僕たちは抱き合いながら斜面を転げ落ちシイタケを潰し、アスパラガスを潰しタバスコにまみれ、ニョクマ…

後鳥羽上皇 恋の歌

お題「好きな短歌」 新古今和歌集 後鳥羽上皇 風の音のそれかとまがふ夕暮の心のうちをとふ人もがな 【僕の現代語訳】 風の音がそれだったのかと迷う夕暮れの心の中を聞く人だなあ。 【僕の解釈】 夕暮れに「風の音がそれだったのか!いやそうではないのかも…

ローマ

お題「もう一度行きたい場所」 ローマです。 私は王女という立場にあるため、自らの意思で行きたい場所を決めることができません。 でも、あのローマの数日間を私は忘れることができません。 あの時、私は王女ではなく、1人の人間として生きることができまし…

中身のなさすぎる桜の話

お題「桜」 親友の中田代助いわく。桜は日本の美意識、象徴だ。花が美しいだけでない。一瞬、狂い咲きして、あっという間に散ってしまう。その儚さ。散った花びらが池に浮かぶ様を愛でる。西行、その他、数多くの歌人たちに歌われてきた。一方、花見という大…

眠すぎてラブレターしか書けない

眠すぎて本も読めない。 眠すぎてラブレターしか書けない。 はじめまして。 僕は沖田といいます。 死ぬほど好きです。 死に方は決めていません。 痛いのは嫌だな。 苦しむが長引くのも嫌だな。 寝ているときにズドン、がいいです。 死ぬほど眠いので、もうす…

グレアム・グレーンに申し訳ない

側溝の脇を通ったのは2回目である。 蛾が張りついていたので目を背けた。 一人の男の死がこれほどまでに頑迷であるとは不思議だと思いながら、彼は土くれを蹴った。 あの男が告白しなかった罪を彼は軽蔑しなかった。 むしろそうあるべきだと思った。 女のと…

超スパルタ美術部

お題「部活動」 僕は中学生になって美術部に入りました。 理由はモナリザとゲルニカが好きだったからです。 そう言ったら、顧問の「四谷でーすか」先生が爆笑して、僕にピカソというあだ名をつけました。 1ヶ月たった頃には、四谷でーすか先生が本当は良い人…

ミドル級の涙

お題「最近涙したこと」 難しいお題です。 ヘヴィーすぎてもいけないし、ライトすぎてもつまらない。 ミドル級でいきましょう。 この前、すっごい遠戚の、事実上、親戚とはいえないような人が百二歳で死んだと聞いて、意味不明にちょっと泣いちゃったんです…

桜の森の満開の下

お題「桜」 『桜の森の満開の下』 坂口安吾さんの代表作です。 個人的には感心しなかった。 でも、1つだけ深く考えさせられました。 坂口安吾さんは太宰治なんかと一緒に無頼派と呼ばれていた。 無頼派。 恥ずかしい言葉ですね。 武闘派の方がマシだ。 で、…

あの人とだけはお花見に行きたくない

お題「お花見」 僕は彼女とだけはお花見に行きたくありません。 名前が吉村菊子って言うんです。 菊子と花見に行ったことが知られたら、と思うだけで、顔が桜色になります。 菊子とは菊を見に行きたい。 曼珠沙華でもいいけど。 と言いつつも、僕は菊子を全…

夜桜プラスα

スマホで夜桜を撮ったのですが、なにかが足りなく感じたので、その上に絵を描いてみたところ大失敗しました。 おやすみなさい

モノマネはもう真っ平だ

いいかげん、トランプさんや安倍さんやビートたけしさんのモノマネをするには飽きてきました。 これからは「自分自身」で勝負します。 「アメリカ第一主義」なんて絶対に言いません。 「マイホーム第一主義」と言います。 「一切関わっていない」とも言いま…

今夜見そうな夢シリーズ パート3

今日は夢は見ない気がします。 昼寝をした時、見ちゃったから。 こういう夢。 僕はステージに立っているのだけど、観客はみんな寝ている。 起きて下さ〜い、って僕が声をかけると、一人だけ首をガタって傾けただけで、後はなんにも変わらない。 舞台袖からマ…

まる子&サザエ 深読み流行

僕はブログの話題がない時、厳密にいえば、書くことがないけど書きたい時、Yahoo!ニュースにざっと目を通して、それを題材にテキトーに書き始めることがあります。 今回もそのパターンです。 「まる子&サザエ 深読み流行 フジ“日曜アニメ”の新たな楽しみ方 …

今夜見そうな夢シリーズ パート2

まず最初に。 昨晩見た夢は予想と全く異なりました。 内容は言えません。 http://honya-taisyou.hatenablog.com/entry/2017/03/31/232543 で、今晩の夢はこんな感じだと思います。 歩きすぎて腿が痛い。 なのに、まだ階段あるの?みたいな感じ。 登る理由は…

VOGUE 4月1日号 発売中

VOGUE 4月1日号からの抜粋です。 ユニクロのダウンジャケットは買いか? 結論 普段使いなら買い。 我々VOGUE編集部が常に高級でセンスのよい服を好んでいると考えるのは誤りである。 上下グレーのトレーナーが似合う女の子は高く評価している。 上は別のもの…

大向原町ニュース速報 所ジョージさん現る

4月1日 大向原町ニュース 速報です。 明日、開催される町の桜祭りに、所ジョージさんが参加してくださることになりました。 鶴瓶さんではありません。 所ジョージさんです。 スケジュールの都合が合えば、なにか面白いことをしてくれる可能性もありそうです…

NHKニュース速報 ブラタモリ

4月1日 NHKニュース 速報です。 本日、21時からブラタモリ特集号が生放送で放送されます。 今回、タモリさんが訪れるのは築地と豊洲です。 案内役はさかなクン。 いつも飄々としたタモリさんが政治的な発言をするのか注目されていますが、恐らくしないと思い…

NHKニュース速報 政界再編

4月1日 NHKニュース 速報です 昨晩、安倍晋三さんの自宅で行われたホームパーティに蓮舫さんが招かれ、2人で社交ダンスを踊りながら、両党の合併が話題になった模様です。 また、安倍晋三さんはブレイクダンスをしながら橋下徹さんにも同様の提案をしていた…

BBCニュース速報 ネッシー発見

4月1日BBCニュース 速報です。 ネス湖でネッシーが発見されました。 ただし、長年の逃亡生活の結果、成長しても最大5センチ程度と小型化している模様です。

BBCニュース速報 ボブ・ディラン氏辞退

4月1日 BBCニュース 速報です。 ボブ・ディラン氏が、ノーベル賞を辞退をする旨、スウェーデン・アカデミーにFAXを送付しました。 文面は以下のとおり。 「なんどもコロコロ意見を変えて申し訳ない。でも、俺はライク・ア・ローリングストーンなんだ。意…

社長

いまマックにいるのですが、12分後に職場に戻らなくてはなりません。 かなりヤバイ会議があるのです。 社長をクビにするかどうか決めるのです。 どうしようかな? 社長は根はいい人です。 先見の明もあるし、我が社をあっという間に優良企業にしてくれました…

機を逸した昼食

頭では食うべきだとわかっているが、朝食が遅すぎたので、腹は減っていない。 四文字熟語で言えば「頭食腹減」とでもいうことになるのだろう。 今晩は飲み会だ。 私は飲み会に行って腹が一杯になったことがないし、腹が減ったこともない。 そう考えると、私…

遅すぎた朝食

私たち、食べるのが遅すぎたみたいね (投げやりに笑う) スクランブルすぎた。 (うっすらと涙) どうして焦がしたの? トイレに行っていたら焦げちゃったんだ。 もう、サラダね。 そうだな。もう、サラダらだ。 最後の朝食ってわけね。 (自嘲的に笑う) …

お題は「桜」

お題「ここで一句」 最高に才能のない田山くんの「桜三部作」 買いました 桜せんべい 安いから 桜せんべい、わかるようでわかりません。後味の悪い句です。 山桜 子供が遊ぶ よく遊べ 一茶を気取っているのでしょうか?気持ち悪いです。 おまじない 桜の咲く…

ダウナーな男達

もうやってらんねえよ 俺もそう思う ダウントゥーアースな感じ その意味わからねえ やめてえな なにを? 人間やめてえ それで、どうする? なにやっても同じことよ 全くだ 俺たちゃボロ馬さ 死に損ないさ 光が全く見えねえ 疲れも取れねえ おい、触るなよ 終…

今日はややぶっ飛び気味なので覚悟してください

ハーイ、Mrs.ロウ。 あんた、誰だい? 知った顔ならごめん。 全く見覚えアルゼンチーノ。 ハラショー! もしかして、ちょっと激怒した? あんたのことは知らないけれど、激怒していることはわかっちゃうのが不思議。 これって、人間だけの習性? いや、むし…