読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

ダンス大会

お題「最近見た夢」 昨晩見た夢です。 ようやく仕事が終わり、深夜バスで家に帰る。 旧道を挟んだ小さな商店街を通過しようとすると、赤信号にひっかかる。 中学生位の男の子達がダンスしながら横断歩道を渡っていく。 見ると、こんなに遅い時間なのに、全て…

ネイルアート

お題「マイブーム」 僕のマイブームはネイルアートです。 とはいっても、ちょっと個性的なやり方です。 右手の小指から左手の小指、それから右足の小指から左足の小指といった流れで、20本の指による20コマ漫画を書くのです。 右手が「起」、左手が「承…

【体験記】ブログでモテたいなら、まず自分のツラを見ろ

僕が好きになった女の子は300人くらいいます。 そのうち現在進行形は3人。 時々、思い出す子が7人です。 過去進行形な女ですね。 男なら、まあそんなもんでしょ。 と、ここまで書いてきて、過去進行形の女達への想いが突然溢れ出てきました。 現在進行…

日が長くなってきた

みなさん、まだ5時なのにまだ明るいですね。 日が長くなってきました。 昼みたいです。 でも夜ではありません。 悩みどころですね。 さて、僕の友人、中田代助がぼやいています。 「5時なのにまだ明るい」 「5時なのにもう明るい」 どっちが正しいのかな…

スプリングコート2018

僕は、Love or Love というブランドの専属デザイナーです。 主にスプリングコートを専門にしています。 ただ、残念ながら、スプリングコートを着る季節は短い。 あっという間に過ぎ去ってしまう。 でも、それがゆえに、オシャレ力が試されるアイテムでもある…

石置42

万感

月曜日の寝坊

月曜日の朝。 寝坊しそうで寝坊しません。 少なくても僕の場合は。 サボりたくはなりますが。 で、僕が寝坊しやすいのは火曜日と木曜日です。 ちなみに僕は各曜日を次のように把握しています。 月曜日は奇数 火曜日も奇数 水曜日は偶数 木曜日も偶数 金曜日…

鼻声で自己紹介

今週のお題「自己紹介」 前回の記事の続き。 風邪は悪化の一途をたどっています。 熱は37.7。 先ほどは37.4。 「4」が「7」になった分だけ、ラッキーセブン的に先が見えてきたということもできるかもしれませんが、悪化していることは認めざるを得ない今日こ…

高熱で自己紹介

今週のお題「自己紹介」 こんばんは。 僕はいま風邪をひいています。 熱が出ています。 37.4度。 ハンパないです。 「4」という数字が含まれているのも不吉です。 でも、僕は書く。 ブロガーだから。 僕が書くのを止められる人は、お母さんしかいません。 (…

『ごんぎつね』史上最悪の読書感想文

お題「読書感想文」 僕の友人「四谷でーすか」は今でこそ塾講師としてデカイ顔をしていますが、子供の頃は馬鹿でした。 以下は彼が小学5年生の時に書いた100点満点中20点の読書感想文です。 『ごんぎつね』 僕はごんぎつねを読みました。 なぜかというと、流…

石置41

昨同

眼福

お題「最近知った言葉」 無学な僕ですが「眼福」の意味くらいは、なんとなくわかります。 目の保養。 ああ、いいもの見たな的な感じ。 でも、腹福という言葉は知らなかった。 ああ、いいもの食った、という意味だそうです。 空腹→満腹→腹福 の三段活用とのこ…

桜を読み間違えてる

お題「ここで一句」 冬恋し 桜(さきら)待つ身に 戻りたし この作者はなぜか桜を「さきら」と読み間違えているようです。ふりがなさえつけなかったらバレなかったのに。。

石置40

稚形

ザ・シャウト物語1

ジェフ そう、すべてはモビーの部屋で始まったんだ。 奴は高校生一年にしては異常に早熟でね、ほら、よくロック名盤百選みたいな本あるだろ、あいつは金持ちのボンボンだったから、そういうのを全部聴き込んでいた。 で、俺はあいつにフーだのドアーズだのト…

石置39

japanese beauty

【閲覧注意】又吉直樹さんの『火花』を読みました

こんばんは。 いま僕はガストというファミリーレストランにいます。 平日なので意外と空いています。 ピザを食べながら2時間かけて『火花』を読み終えました。 僕の正面のテーブルには5人のサラリーマンがいて、居酒屋状態で生ビール片手におしゃべりしてい…

出世競争

出世競争。 最近、あまり聞かない言葉ですね。 今時のサリラーマン(業界用語です)は「キャリア・ステップアップ・ハッピー」とかいうのかな。 で、僕はキャリア・ステップアップ・ハッピーではないサリラーマン。 いわゆる、バッドリーマンです。 でも、バ…

型落ち

先日書かせていただいたとおり、本ブログは「気のむいた時にしか書かない」というかたちでリニューアルさせていただきました。 で、実をいうと、いまの僕は、まったく「気がむいていません」。 つまり、この記事は新バージョンではなく、旧バージョン。 いわ…

ひとり飯 専門店

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 ひとり飯といえば、カップヌードル、コンビニ弁当、松屋、家系ラーメンみたいなものが思い浮かびます。自分で作るとすれば、野菜炒め、生姜焼き、玉子焼きくらいかな。つまり、自宅で生産されるひとり飯のほとんどが…

衣替えにみるリズム感

お題「衣替え」 僕はズボラな方なので、衣替えについていえば、タイミングが遅れがちです。 でも、言い方をかえれば、衣替えにグルーブ感があるといってもよいかもしれません。 ちょこまかちょこまか、気温に合わせて着替えるのは、テクノ系みたいで、大の大…

エイプリルフールの翌日

事情があり、夜更かししてます。 僕がこんな遅くまで起きていることは滅多にありません。 レアケースです。 いまちょうど真夜中の隙間時間なので、エイプリルフールの翌日における「嘘」について、思いついたことをメモさせてください。 エイプリルフールの…

エイプリルフール傑作俳句集

お題「ここで一句」 最近はどうだかわかりませんが、バブルの頃は、4月1日、エイプリルフールは極めて重要な1日でした。 エイプリルフールに「お前なんて嫌いだよ」と告白するのが定番だったことを今でも忘れられません。 でも、エイプリルフールが4月1日と…

間食しました

最近、「間食」が話題になっています。 ダイエットに良いそうです。 でも、それが正しいとするなら、なんで今まで「1日3食」なんて誤ったスローガンがまかり通っていたのか理解に苦しみます。 いままで人類はなにをしてきたのか? 普通、この手のことは、「…

夕食か夜食か、それが問題だ

前回書いたとおり、僕は飲み会に行ってお腹がいっぱいになったことはありませんし、お腹が減ったこともありません。 じゃあ、どんな風になるかというと、家に帰って夜食が食べたくなります。 夜食といえば、インスタントラーメンです。 お湯を沸かす時間プラ…

入眠前の絶望

今日の絶望は、 眠りのフィルターを通して、 確実に変化する。 減じるとは言わないが、 確実に変化する。 ついでに、絶望以外のなにかが付け加えられる、 と思いたい

石置38

二列。ゆたり。

月曜日さん、おはよう!

これから、日本の至るところで「おはよう」が言い交わされる。 それをにこやかに眺めているのが「月曜日さん」 だから、空を見上げて「月曜日さん、おはよう!」と小さく呟くのもよいかもしれない。

石置37

ずれの二列。稀。

僕はPCでどこまで絵を書けるのか2

メキシコの壁画風です。

僕はPCでどこまで絵をかけるのか1

実はこれ、パソコンで書きました! 素人なら古代人が書いた絵だと思い込むかもしれません。 残念でした。 もう一度、猿人類からやり直せ!ですね。 今度は一見すると抽象画。 でも、最初は獅子舞を書くつもりでした。 魚にも見えます。 次の絵では2色使いま…

そして誰もいなくなった

お題「何回も見た映画」 小学生四年生のころ、『そして誰もいなくなった』旋風が吹き荒れていました。 「お前はいるだろ」という低レベルなギャグが流行ったほどです。 そんなある日、おませで金持ちな高村君がみんなより先に『そして誰もいなくなった』を観…

幾何学的世界観

電柱や街路樹などが一列に並んでいるのが妙に気になる時があります。 マンションの部屋が規則正しく配置されているのが妙に気になることがあります。 この状態を僕は「直線的世界観の支配下にいる」と呼んでいます。 ちなみに、これとは対照的に、あらゆるも…

日曜日の朝

日曜日の朝。 最初に目に入ったもののおかげで、なにも起こる前からご機嫌になれたことほど幸せなことはない。 あとはその幸福感を抱えて、夜まで駆け抜けるだけだ。 良い夢を克明に覚えているように、時を過ごそう。 でも、腹が減りすぎて、もう少し寝てい…

石置36

評、難し

いま読むと意味深な3年前のメモ

僕たちはすべきことのかわりに、なにをしてきたのだろう 僕たちは行くべき場所のかわりに、どこに行ってきたのだろう 僕達は話し合うべき話題のかわりに、なにを話してきたのだろう 僕達がそうあるべきだったことしか理解できないのはなぜだろう

小宮千尋のメイド姿で学校に来るな

お題「制服」僕は大学で学生に言語学を教えています。 「18世紀東南アジア地域全般にみられる助詞の活用形」が専門です。 ただ、最近、この職、辞めてしまおうかなと思い始めました。 学生たちの服装がひどすぎる! Tシャツだのジーンズだのダウンジャケット…

サクラサク

お題「桜」 サクラサク、父ちゃん母ちゃん、受かったよ! サクラチル、父ちゃん母ちゃん、落ちちゃった! スマホどころか、電話すら普及していなかった頃に、地方から出てきた受験生が、故郷の両親に電報で結果を報告する時の決まり文句です。 サクラサクが…

石置35

二列の極峰

本日の昼食ブログ

書く気力、なくたっていいじゃん。 食ってるだけだよ。

寝る前のテキトー

最近、僕の記事がテキトーになってる気がするあなた、百万円あげましょう。 でも、あげるくらいなら、くれ。 ギブミー百万円以上。 無限以下。 と、ここまではテキトー中級者編。 でも、これ以上テキトーな文章、思い浮かばない。 上級者編、想像もつかない…

悲しみの上の喜び

「僕の悲しみの上には喜びが輝いている。それが君なんだ」 「私はあなたの悲しみの上に座っているの?」 「そう。輝いている」 「電車のシートに座ったら、前に座っていた人の生暖かさが伝わってくる感じ?伝わってきて、気持ち悪すぎて、これなら立ってる方…

もしもタバスコ

もしもタバスコ、もっとおいしかったはずだ。 この日本語、なにが問題ありますか? わかる人がいればご教示いただきたい。 あと、 あのときレバニラ みたいな言いまわし、ありますか? わかる人がいればご教示いただきたい。 Twitterも読んでねhttps://twitt…

待ち合わせ

待ち合わせ。 よく考えてみると不思議な言葉で、待っているのは必ず片方だ。 もう一方は向かっている。 「待ち合って」はいない。 とはいえ、待っている側も、向かっている相手を待ちながら、ウロウロとあたりを歩きまわっているので、ミクロな観点からすれ…

雨の日に出勤するアラフォーOLさんへ

確かに雨は鬱陶しい。 足が濡れるのは嫌だ。 せっかく暖かくなってきたのに、レインコートを着なくてはならないのも嫌だ。 電車の中の蒸れた感じも嫌だ。 子供の頃なら、窓に絵を描いただろうけど、そんなことは出来ない。 不潔だし、残念ながら描くことも思…

私だけの歌

お題「これって私だけ?」 たった1人の私だけ。 ちっぽけでも、そっくりでも私だけ。 宇宙で一番、私だけ。 仏と一緒に私だけ。 天国行っても私だけ。 なんだか淋しい私だけ。

週末祝日、真昼のブログ

僕のブログは、週末祝日の日中は、アクセス数が激減します。 なんとなくわかる気もします。 なので、今回は週末祝日、真昼用の記事を書いてみたいと思います。 今日、おでかけするなら、ここがオススメ! 1 鳥取砂丘 2 九十九里浜 3 旭川動物園 今すぐ家を出…

さささしい慕情

演歌に挑戦です (前にも挑戦して大失敗した記憶があるけど、詳細は忘れました) 貴方さささしいのね雪ののな原 今宵もかよふふ想いははびて アーア、貴方は北のはひ 貴方はまささきひの雪ののな原 この日ひひ抱ひひてははびて アーア、貴方は北のはひ こう…

丸の内なんてクソ喰らえ

高価な一眼レフで写真を撮って、それをお題に俳句を詠む。 これが団塊世代の正しいあり方です。 ここで僕 働きました 辞める前 わかります? 東京駅の 近くです というわけで、丸の内付近とディズニーランドに来ると根拠なくイライラするヤンエグな僕でした。…

夜行性の皆さんへ

眠れないので、夜行性の皆さんに向けてなにか書いてみようと思います。 とはいえ、なにを書くかは決めていません。 なにを書いて欲しいですか? あなた達はなにを望んでいるのですか? なにを待ち望んで、こんな夜中まで起きているのですか? 僕はだんだん眠…