本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

決められない

百人一首その六

鵲の渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持 「鵲」ってなんだよー。 「鵲」さえわかれば、パズルは、パズルは、、あれ、こういう時、なんていうんだっけ? パズルが組み合わさる?組み合わせる? 木製のパズル?紙製でも組み合わさる? …

百人一首その五

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき 猿丸大夫 ダサすぎ。 なにが? 猿丸。よくそんな名前に甘んじてたな。 そうかなあ。他にも結構、ダサい奴いるよ。蝉丸っていなかったっけ?きっと芸名だよ。 芸名にしてもダサすぎ。 なんて言いつつ、僕…

百人一首その四

田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ 山辺赤人 この歌の残念なところは「白妙の」です。 これさえなければ、「田子の浦に(なにかをしに)行ってみたら、(そこから見える)富士山の高いところに雪が降っていた」で、あっさり片付きま…

百人一首その三

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む 柿本人麻呂 怪我をした山鳥を写実的に歌った名歌 【解釈】 怪我をして足を引きずっている山鳥は、足を引きずっているくらいだから、尾も長ったらしく引きずっていて、ようやく寝床について夜を…

百人一首その二

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 持統天皇 名歌です。 現代語訳すると、 春が終わって夏になったから、白い服を脱ぎ捨てて香具山に登るよ みたいな感じでしょうか。 でも普通、夏になって白い服を着る。 おかしいなと思って読み返したら「衣…

百人一首その一

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 天智天皇「『秋の田んぼで』。ここまでは間違いない」 「そだね」 「『かりほ』は『刈穂』なんだけど、『仮』が『庵』にかかって『仮の住まい』みたいな」 「説得力あるね」 「でも、仮の住まいが苔…

予告編がやってくる

小学生の頃、僕はスターウォーズに熱狂。寝る前、続編を考えるのが習慣になりました。基本的には「登場人物のほとんどが死んで、最後に満身創痍のダースベーダーが勝つ」パターンです。 スターウォーズに飽きた後も、架空の映画をベッドの中で上映する日々は…

天才人語 夕刊

松茸のシーズンがやってきた。松茸のお吸い物にご飯を入れて、お茶漬けみたいに食べてみたいというのが、筆者の長年の夢である。 ややすべってる書き出しですね。 故司馬遼太郎さんも同じことを言っていた。 司馬遼太郎の引用はマストです。 来年、消費税率…

シンメトリック

こんばんは。 「四谷でーすか」です。 前回はシンメトリックについて勉強しました。 覚えていますか? 左右が限りなく似ている、です。 ちょっと難しかったですね。 二本の指をぼんやり見ていると一本に見える。 そんな実習もしてみましたね。 でも、いつま…

コンビニのおにぎりについて

あはは。 大きく出ちゃった。 自分がコンビニのおにぎりについて語るレベルに達していないことくらい重々承知ですよー。 コンビニのおにぎりは 1個じゃ足りない。 2個でも足りない。 3個だと炭水化物とりすぎー みたいな あれれ、語れちゃった。 終わり

極めて排他的な

今日、外国人排斥を訴える市民集団が日本一だと道路の上を並んで叫びながら歩いていた。 ↑↑ ひどい文章ですね。僕は外国人なのかもしれません。爆買いするためのお金が余っていないが。 ↑↑ この文章を書いているのは一体誰なんでしょうか?内外を問わずバカ…

哲学書『人間はなぜすごいのか』より第1部第2章2のウ

第1部 第2章 2 ウ if(a=b),aorb仮説 怒りがアンガーと完全に同義であるならば、日本語と英語は完全一致することになり、理論的にはどちらかが不要であることになる。

スマホはなぜ顔の形と一致していないのか

友人の中田代助は、ついこの前まで、韓国の下着モデルの写真を集めることにはまっていたが、「みんな同じに見えてきた」という理由でそれをやめ、今度は色々な企業にクレームのメールを送付することに熱中しはじめた。 アップル御中 この前、貴社のスマホで…

スーパーエキセントリックダンサー6

俺さ、いつまでたっても動物園の匂い、好きになれないんだよね。掃除が雑なんだろうな。サバンナがあんな匂いだとは思えない。狭いところに、キリンだのペンギンだのが密集してるわけだから、仕方ないっちゃ仕方ないんだけどね。

ドビュッシーの前奏曲

僕はドビュッシーを聴いている。 グルダの演奏。 輪郭が明確で、写譜できそうなくらい。 でも、僕は楽譜がかけない。 だから、カタカナで書いてみた。 ロとピが天才的! と、改めて実感。 トトトララララト トラトトララトラトラロ タララトラトラトリラト …

社交辞令

昨晩、僕の友人「四谷でーすか」と久しぶりに飲みに行ってきました。 彼は8月、夏期講習で多忙を極め、その後ずっと寝込んでいたそうです。 彼は鰻の燻製をくちゃくちゃと噛みながら言いました。 いや、噛みながらはなにも言いませんでした。 鰻の燻製を噛…

理系の時代

ノーベル賞受賞、おめでとうございます! (祝いたい人の名前をど忘れした) それにしても、やっぱ理系はいいですよね。 今回の研究もガン治療に直接貢献。 お手上げです。 でもさ、理系の時代、理系の時代とよく耳にするけど「文系の時代」ってあったことあ…

Google翻訳の退化について

2017年7月17日。 僕は次のような記事を書いた。 ・・・・・ 皆さんは、恋人と話すのがめんどくさくなって、とりあえず抱きしめたこと、ありますか? とりあえずのつもりが、本気になっちゃったこと、ありますか? あるはずですよ。 なければバカです。 Googl…

サイケデリック短歌への誘い

サイケデリック(形容詞 psychedelic)、サイケデリア(名詞 psychedelia)は、LSDなどの幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や様々な幻覚、極彩色のぐるぐる渦巻くイメージ(またはペイズリー模様)によって特徴づけられる視覚・聴覚の感覚の形容表現であ…

大島

今週のお題「修学旅行の思い出」 僕はファーストクラスな中学校に通っていた。 だから当然、修学旅行もファーストクラスだった、と言いたいところだが、学校法人の経営が苦しくなり、一泊二日で大島に行くことになってしまった。 大島はイースター島によく似…

草食男子のお洒落なお部屋

今週のお題「お部屋自慢」 僕の部屋は、稽古が厳しい。 故郷に帰りたくなったこともある。 でも、親方は優しい。 飯もうまい。 ちゃんこ鍋の前にサラダが出るのも粋だ。 ヒラメのカルパッチョが出たこともある。 オリーブオイルをかけて食ったら美味いのなん…

ジンジャーソングライター

このタイトル、とてつもない可能性を秘めてる気がするのですが。。 乞うご期待!

世界一ウケ狙いな自己紹介

今週のお題「自己紹介」 こんにちは。 元気だけが取り柄の白幡美津子です。 あれ、ウケない。 どーしてなんでしょ? 私が悪い〜なんちゃって。ズコッ。 というわけで、 なにが「というわけ」なんだー、 と突っ込まれない不束者の私です。 こんな私でよろしけ…

久しぶり詩を書いてみました!

初稿刈り取りと村が叫んで耳塞ぐ、皇帝の岩ロバ経営お前の夢で私は稼ぐ不潔なものに近寄りつつも触れることのない衛星群 ●解説そか、みたいなおっけ、な感じ 第2稿刈り取りと目指すは父のクジラ立つ我、磯の端に悔いて立つらむ ●解説マンネリズムには陥って…

桜って綺麗だよね

今週のお題「お花見」 桜って綺麗だよね青い空暖か陽気鳥の声みんなみんなが桜は綺麗と騒いでる逆を言えば桜はみんなに甘えてる。

お花見作文コンクール

今週のお題「お花見」 さくらを題材にした作文コンクール中学一年生の部 新井柔和 ばあちゃん、桜が咲いてるよ!私は叫びました。ばあちゃんは8年前に死んだので、特に意味はないのですが。おばあちゃんはいつも、戦争だけはいけない、戦争だけはいけない、…

【スクープ】佐川氏、証人喚問に遅刻する

桜前線は東北地方にまで北上しています。 都内ではすでに葉桜も見られ、桜の満開マニアは落胆たんしているとのことです。 速報です。 今はいりました情報によりますと、 本日、国会に召集されている佐川氏は遅刻しそうだとのことです。 繰り返します。 佐川…

大手ゼネコンのお花見

今週のお題「お花見」 社長は花見が大好きだ。 専務も花見が大好きだ。 大手ゼネコン。 社員は2000人。 全員が一堂に会する。 弁当には伊勢海老が入ってる。 キャバ嬢も3000人くらい呼ぶ。 役付には1人につき2人つく計算だ。 若手社員は社歌を合唱するのが習…

ブタペストで一人暮らし

母ちゃん、俺ごさ、ブタペストで一人暮らし始めたんぜよ。隣にゃニョーラっつう可愛いムスッペタいたけら、半ズ同棲やらけどん。ニューラの虫うまいで。飯、の変換ミスです。 終わり #私の一人暮らし Sponsored by CHINTAI

猫カフェ

今週のお題「ねこ」 猫カフェ、行ったことありますか? 僕はないです。 猫に興味がないから。 で、いま思ったのだけど、 世界一おいしいコーヒーを出すカフェが たまたま 猫カフェだったらどうしよう。 猫をとるかカフェをとるか難しいところです。 終わり