本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

有意義

号外的なTwitter

最近ブログの更新が滞りがちでした。 実はこりもなくTwitterに没頭しています。 スンマヘン。 1,000記事まであと2記事というプレッシャーから逃げているといわれればそれまでです。 解散総選挙です。 というわけで、僕がいま没頭しているTwitterへのリンクを…

【重要】今回は本ブログ第998話です

記念すべき1,000回目の記事まであと少し。 今回は僕のライフワークであるところのマックにおけるゴミの捨て方について書いてみたいと思います。 ただ、マックのトレイに載っている「もの」には様々な組み合わせがあり、イレギュラーな場合は図もしく模型を用…

【重要】今回は本ブログ第997話です

記念すべき1,000回目の記事までのカウントダウンが始まりました。 もう、大衆迎合的な記事を書いている余裕はありません。 というわけで今回は、手間がかかりそうなので後回しにしていた幻の12記事を御紹介します。 紹介と言っても、書いてない訳ですから、…

ビニール傘

ビニール傘は安くて軽いうえに透明です 言い方を変えれば、透明で安い上に軽い、もしくは軽くて透明な上に安いです。 ただ一つだけ弱点があります。 置き忘れしやすいのです。 したがって、ビニール傘のコスパは思ったよりよくありません。 それにしても、な…

ビニール傘

傘について傑作を書いたのに、どういうわけか記事が消えてしまいました(本当)。 傘を置き忘れたようなものです。 傘を持ってきたのに雨が降らないようなものです。 いつかまた書き直しますね。

iPhone8

こんにちは。 ジョブズの孫のワークスです。 というわけで、僕は優秀だけどユーモアがないので、出だしはゴーストライターに書いてもらいました。 ジョブズの孫のワークスです。 この台詞に1億円ペイしました。 さて、僕の隣のテーブルでおばさん2人がずっ…

福毛

皆さん、福毛って知ってますか? 宝毛ともいうらしいけど、体の一部分に一本だけ長く生えてくる透明もしくは白色の毛のことらしい(Wikipedia)。 僕も前、左手の親指から30センチくらい上の方に、3センチくらいの毛が生えていてびっくりしたことがありま…

【予告】天声人語

明日から「天声🙆ぽ」シリーズを始めることにしました。 1日1記事。1日1ツイート。 それ以上は書かない。 空いた時間はあの子と踊り狂うつもり。 真っ赤なミニスカートの女の子。 good night! 補足 『天声ぽ』シリーズは不毛な結果に陥りそうな気がしてき…

ツイッター

僕は以前、ブログにツイッターを連動させて読者を呼び込むことに熱中していました。 確かに成功したこともあります。 釣り感覚でした。 あの頃はキャデラックに乗って、いい女をはべらせ、派手な生活を送っていました。 なんて浅ましく愚かな浅間山だったの…

お風呂で読書でリラックス

俺は度胸があるから、図書館で借りてきた本を風呂で読むことができる。 CDのライナーノーツを読むこともある。 この写真も風呂場で、つまりフルチンで出会った。 これこそ男の顔だ。 それがわかんない奴はソープでスマホでもいじってろ。

シフト表

ひとり電車でシフト表を見る人の顔は真剣そのものです。 100パーセント、真剣な顔をしています。 シフト表。。 それは聖書の次に本気で読まれる書物。 と言いたいところだけど、書物ではない。 どちらかといえば「ペーパー」。

モスバーガーについて

モスバーガーはマックみたいな激安バーガー店と違うので、注文してからバーガーが出てくるまで時間がかかります。 つまり、マックよりは時間が無駄なわけです。 で、モスでは「こちらの札を持ってお待ちください」と、番号の書かれた旗のようなものを渡され…

禅問答

蝉は死んだ後に鳴くか? 師は問ふた。 我、それに答えて言った。 鳴かぬ、と。 否。死んでも少しは勢いで鳴く。 之を死に蝉といふ。 いふなれば蝉の死に様なり。 蝉の死に様を死に蝉とはありがたいことであると村の者は皆、師に手を合わせたと、昔から伝えら…

マクドナルドに持っていくべきアイテム

ポテトを食べる時、特に重宝します。

俳句と短歌の違い

「四谷でーすか」です。 教え子が見事な歌を詠んだのでご紹介します。 こういうガキだと教えがいがあります。 古池や母を背負ひてそのあまり 蛙飛びこむ三歩あゆまず

言い方がキツイ

今日の僕、言い方がキツイ気がします。 僕の背が伸びた、もしくは太ったからでしょう。 では、痩せれば言い方がゆるくなるのか? ならないと思う。 なぜなら、言葉は身長や体重と関係ないから。

ドトール〇〇東口店

ドトール数多くあれど、ドトール〇〇東口店は僕にとって最悪のドトールです。 なぜか? 店員(男性もしくは男性達)の「いらっしゃいませ」が妙に体育会系だからです。 寿司屋の「らっしゃい」に近いニュアンスだけど、寿司屋ではないので違和感を感じる。 …

夏休みの宿題 その二

「四谷でーすか」です。 前回は蝉になっちゃったので、今回は亀になりましょう。 亀頭のごとく宿題片付けちゃいましょう。 宿題なんて、タートルで考えれば大したことではありません。 成績が悪くなって、偏差値の低い学校にしか行けないだけです。 でも、コ…

夏休みの宿題 その一

「四谷でーすか」です。 以前、『トロッコ』を題材に読書感想文の書き方を講義したこと、覚えていますか。 僕は忘れました。 で、今回は、夏休みの宿題について、蝉みたいにうるさく講義しましょう。 ジージージー。

余は如何にして寝不足となりし乎

内村鑑三には悪いけど、僕は徹頭徹尾、無心論者です。 神様がいるなら、僕が寝不足になるはずがない。 ニーチェは神は死んだと言ったけど、神は寝たのだと思う。

言論の自由

うろ覚えでも、うる覚えでも、どっちでもいい。 言論の自由。 共謀罪の科で日本最初の死刑判決をうけた僕。 執行までは3年くらいあるさ口笛を吹きつつブログを再開します。 しかし、刑務所生活はなにかと不便なので、以前のようなブログは書けません。 第一…

そして誰も引きとめなかった

前回、僕はブログをやめました。 でも、誰も引きとめなかった。 ファッキントッシュ👎 マックユー👎 ドトール👍

さようなら

思うところあって、本ブログを終了します。 『親にでも書ける読書感想文』シリーズが遺作となりました。このシリーズへのアクセス数は桁違いでした。本ブログ最大のヒット作です。 その重圧に耐えられなかったから辞めると言いたいところですが無関係です。…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その9)

こんにちは。「四谷でーすか」です。 実は先週、香苗ちゃん他7名とフィールドワークと称して『トロッコ』の舞台、湯河原町に行ってまいりました。 蜜柑、食べてきましたよ!香苗ちゃん、一気に7房くらい頬張っていて可愛かったです。 本題に入りましょう。…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その8)

「四谷でーすか」です。 この講義、一部の方から「ナンセンスなこじつけだ」と批判されています。 しかし、今日の話を聞けば、僕の解釈が、いかにナイスなセンスだったか、否が応でも認めざるを得なくなると思います。 読み進めましょう。 良平は少時しばら…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その7)

「四谷でーすか」です。 最初に断っておきます。 今回の講義は極めて下品な内容になります。 でも、避けては通れません。 僕ではなくて、芥川が下品なんです。 あれ、下品と言ったとたんに居眠りから覚めた人がいますね。授業が終わったら職員室に来なさい。…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その6)

「四谷でーすか」です。 『トロッコ』もいよいよ佳境です。 起承転結でいう「転」。 作者の言葉づかいがささくれ立ってきたことに留意してください。 竹藪、雑木林、爪先上り、赤錆、高い崖、枝。。 牧歌的な時代は終わりました。 竹藪のある所へ来ると、ト…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その5)

「四谷でーすか」です。 『トロッコ』の5回目です。 本日の講義で扱うのは、作品中、最も美しく牧歌的な場面のひとつです。 (最もと言っておきながら、ひとつですと締めるのはズルいですが、塾講師といえども所詮サラリーマンですから、ここのところは、ど…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その4)

「四谷でーすか」です。 引き続き『トロッコ』。 ここからが起承転結の「承」です。 その後(のち)十日余りたってから、良平は又たった一人、午(ひる)過ぎの工事場に佇みながら、トロッコの来るのを眺めていた。すると土を積んだトロッコの外(ほか)に、…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その2)

「四谷でーすか」です。 芥川の『トロッコ』を題材に、読書感想文の書き方をもう少し考えてみましょう。 トロッコの上には土工が二人、土を積んだ後(うしろ)に佇(たたず)んでいる。トロッコは山を下(くだ)るのだから、人手を借りずに走って来る。煽(…

親にでも書ける読書感想文(芥川龍之介編その1)

はじめまして。 夏期講習で国語を担当させていただく「四谷でーすか」です。 夏休みといえば、熱帯もしくは水風呂ですね。 しかし、忘れてはいけません、読書感想文のことを。 期せずして倒置法で始まってしまった、この講義。 今回は芥川龍之介の名作『トロ…

弱冷房車

「この車両は冷房を弱めにしてあります」冷え性の人にはありがたい配慮です。でも、冷え性の人が想定以上に多くて、この車両に殺到したら、いくら冷え性の人といえども暑いよー的な事態になる危険性を伴っています。弱冷房車とは一種の賭けなんですね。ちな…

【訃報】twitterやめました

詳細は後日改めて御説明いたします。Twitterも読んでね https://twitter.com/honya_taisyou

【祝】ブログ開設半年目

先ほど、はてなブログさんからメールを頂きました。いわゆる祝電ですね。 ありがたいことです。ただ、「書き残そう、あなたの人生の物語」というところが気に入らないな。僕のブログ、これで924記事目になるんだけど、僕の人生の物語を書いたことなんてあり…

マクドナルドのアプリに付属したクーポンについて

僕は月に20回はマクドナルドに行きます。毎回、100円のハンバーガーを2個、100円のコーラSサイズを1杯(時によって爽健美茶)、それに加えて、クーポン等で値引きされている場合はポテトのLサイズを注文します。つまり、 (100✖️2➕100➕X…

残念でツイート

稲田防衛相についてのツイッターアンケート。 あれだけ懇願したのに、結果は下記のとおりでした。がっかりです。たった一票で終了です。あんたらは一体なんなんですか? (「あんたら」ってナイスだね)でも、前隠す 防衛相から 目を逸らすは悪くないでしょ…

稲田防衛相はガードがかたいパート2

僕のブログの読者には政治ネタから目を背ける傾向があります。以前、トランプさんと安倍さんの⚫️⚫️⚫️の⚫️⚫️⚫️さをスクープした時も、完璧に無視されました。他の点では最高の読者なのに。。一方、トランプさんと安倍さんの⚫️⚫️⚫️の⚫️⚫️⚫️さをスクープした時…

スーパーエキセントリックダンサー2

以下は田舎者には関係のない記事です。僕はこの前、ダチから聞いたんだけど、京急(京急電鉄)ではホームのアナウンスで「乗り降り」って言い方しないんだって。じゃあ、なんて言うと思いますか?「乗っ取り」ではないよ。「飛び降り」でもないよ。「ノリノ…

【爆笑】無様な結末

あーあ。俺はツイッターで、英語を駆使して、クラッシック音楽についてアンケートをしたのに、回答がたったの1件でした。赤っ恥をかきました。英語&クラッシック音楽。最強の組み合わせだったのに回答が1件!もしこれが他人事なら爆笑したね。俺は。こんな…

熟女を選択

僕は二十歳になった時、アニメとかゲームから卒業し、四十路の女性と交際する道を選択しました。特別お題「『選択』と『年齢』」Sponsored by SK-II

再出発 その2

大手商社のエリートサラリーマンだった僕が自称コンサルタント経営者(36)になったのは、36歳の時でした。特別お題「『選択』と『年齢』」Sponsored by SK-II

再出発

僕が真っ当な人間として生きていく選択をしたのは、38歳、刑期があけて、シャバに出た時でした。特別お題「『選択』と『年齢』」Sponsored by SK-II

生き死にの問題

私が産まれたのは0歳である。 1歳ではない。 1歳の方が理にかなっているような気がするが、選択の余地はない。もちろん、死ぬ年齢も選択できない。 ちなみに僕の死を確定するのは医者だ。 素人判断では困る。 「なんか、死んでない?」 「葬式めんどくせ〜」…

ご報告

試行錯誤の末、ようやくツイッターをものにしました。https://twitter.com/honya_taisyou/status/885491599811067904おやすみなさい。

後編

編集者の思惑もあるかもしれません。ただし、前編と後編が全くの別物なら、それは前編と後編ではない可能性があります。そこをどう考えるか。この問題は僕のライフワークです。もう少し噛み砕いて説明しましょう。「この問題は」を前編とするならば「僕のラ…

前編

前編がある以上、普通は後編があります。なお、前編と後編の間に中編が入ってもいいのですが、前編・中編・後編というのは、すわりが悪い気がします。もちろん、これはあくまで個人的な見解ですので、押しつけるつもりはありません。絶対、というわけではあ…

海外進出

僕は生まれつきグローバルな人間なのですが、英語が話せないので、グローバルな行動をとったことはありません。観光客から、Excuse me?と言われても、Excusez-moi?と答えるほどです。外国人に対して防御的なわけです。そんな僕が海外進出します。twitterで…

故郷に錦を飾る

母ちゃん、俺さ、アメリカの大統領にツィートしたぞ!追悼じゃねえぞ、ツィートだよ。産んでくれて、ありがとな。でも、大学に行かせて欲しかったな。文章は全部、グーグル翻訳だべさ。@realDonaldTrump Please win the gold medal in golf!We decided not …

たった2往復の失恋

この前、モスバーガーでコーラを飲んでいたら、20代後半くらいのカップルが僕の隣のテーブルに座りました。高安くん、高安くんって時々モスに来るの?親と一緒の時はね。なに頼むの?一番高いやつ。でもエッグは入ってないやつ。へー、そうなんだ。彼女は…

【告白】ブロガー失格

告白しよう。 我は破滅型のブロガーなどではないと。 もう隠すまい。 私は、活動の拠点をブログからツイッターに移すつもりだった。 笑うなら笑え。 私は鳥になろうとしたが羽がなかった。 羽のない道化の目に笑いが浮かぶことはない。 私は宮殿の舞踏会に参…