本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

百人一首その六

鵲の渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持 「鵲」ってなんだよー。 「鵲」さえわかれば、パズルは、パズルは、、あれ、こういう時、なんていうんだっけ? パズルが組み合わさる?組み合わせる? 木製のパズル?紙製でも組み合わさる? …

百人一首その五

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき 猿丸大夫 ダサすぎ。 なにが? 猿丸。よくそんな名前に甘んじてたな。 そうかなあ。他にも結構、ダサい奴いるよ。蝉丸っていなかったっけ?きっと芸名だよ。 芸名にしてもダサすぎ。 なんて言いつつ、僕…

百人一首その四

田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ 山辺赤人 この歌の残念なところは「白妙の」です。 これさえなければ、「田子の浦に(なにかをしに)行ってみたら、(そこから見える)富士山の高いところに雪が降っていた」で、あっさり片付きま…

百人一首その三

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む 柿本人麻呂 怪我をした山鳥を写実的に歌った名歌 【解釈】 怪我をして足を引きずっている山鳥は、足を引きずっているくらいだから、尾も長ったらしく引きずっていて、ようやく寝床について夜を…

百人一首その二

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 持統天皇 名歌です。 現代語訳すると、 春が終わって夏になったから、白い服を脱ぎ捨てて香具山に登るよ みたいな感じでしょうか。 でも普通、夏になって白い服を着る。 おかしいなと思って読み返したら「衣…

百人一首その一

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ 天智天皇「『秋の田んぼで』。ここまでは間違いない」 「そだね」 「『かりほ』は『刈穂』なんだけど、『仮』が『庵』にかかって『仮の住まい』みたいな」 「説得力あるね」 「でも、仮の住まいが苔…

フォネスティックコード 完結編

「四谷でーすか」です。 少子化のため、この講座は打ち切りになりました。校長の方針で、本校はこれから数学と英語の学習に本腰を入れるそうです。重い腰を上げるそうです。塾のくせに数学と英語に腰が引けていたというのも如何なものかと思いますが、済んだ…

フォネティックコード 実践編2

「四谷でーすか」です。 今日は急用ができたので、ミニテストをやって終わりにします。 次の単語をフォネティックコード を用いてわかりやすく説明してください。 【FUCK】 ファックのF 運動のU ABCのC キンタマのK 単語が単語だけあって、下ネタ系の…

フォネスティックコード 実践編1

「四谷でーすか」です。 予告どおり今日から実践編です。 初回ですので簡単なところから始めましょう。 こういう設定。 あなたは電話でカード会社のオペレーターに名前を伝えています。めぐり。いわゆるキラキラネームです。でも、相手はいつまでたっても、…

フォネティックコード 修正版

「四谷でーすか」です。 昨晩、世界最強のフォネティックコードを改めて読み返してみました。すると、気になるコードが2つ見つかった。 アイラブユーのIとSMのSです。ここだけクォリティーが低い。修正しましょう。 IはIBMのI。 SはサディストのS。 …

フォネティックコード 総復習

「四谷でーすか」です。 今日はおさらい。 その前に、改めて、一般的なフォネティックコード をみてみましょう。 笑っちゃいますね。 こんなんじゃ世の中誤字脱字だらけで、戦争になっちゃいますよ。 では、改めて、僕の作った世界最強のフォネティックコー…

フォネティックコード MN編

「四谷でーすか」です。 MとNを忘れていたので補講です。 忘れていたのは僕ですが。 何事もなかったかのようにM。 マザーのMです。 N。 NHKのNです。 これで終わり。 これだけのためにわざわざ来てくれてありがとう。

フォネティックコード WYZ編

「四谷でーすか」です。 まずはお詫びから。 前回、僕は得意げに「運動のU、3年連続のV、ミスターXのX」なんて言って、Wを飛ばしてしまいました。皆さん、どうして指摘してくれなかったんですか? でも、今回の「W抜け失敗」。意外と本質的な問題をは…

フォネティックコード UVX編

「四谷でーすか」です。 前回しりつぼみに終わったので、今回は末広がりにやってみたいと思います。いや、それはおかしい。勢いあまって言っちゃった。フォネティックコードが末広がりすると焦点がボケて本来の目的を見失います。フォーカスを定めて、情熱と…

フォネティックコード RST編

「四谷でーすか」です。 今日はRST。講座の一種の佳境です。 一種の佳境。つい言ってしまいましたが、日本語としては誤りです。作文では使わないように。でも、RSTという暗号めいた字面から、ABCとは異なる不穏なものを感じた人は多いのではないで…

フォネティックコード OPQ編

「四谷でーすか」です。 今日はOPQ。 OPQRといきたいところですが、前回お話ししたとおり、フォネティックコードにおいては、アルファベットの歌に「引っ張られない」ことが大事です。あくまでOPQでいきましょう。 今週は簡単です。 おっぱいのO…

フォネティックコード JKL編

「四谷でーすか」です。 今日はJKL。 始める前に一言だけ言わせてください。 僕はこの講座で、毎回3つのアルファベットを取り上げています。でもそれは決して簡単なことではないんです。なんだかんだいって僕たちの心にはアルファベットの歌のリズムが染…

フォネティックコード GHI編

「四谷でーすか」です。 今日はGからIを勉強しましょう。 Gはもちろんゴリラです。 ここで気をつけて欲しいのは、「フォネティックコードは、しりとりではない」ということです。「ゴリラのゴ」ではなく「ゴリラのG」なのです。 次にH。 エッチのHとい…

フォネティックコード DEF編

「四谷でーすか」です。 今日はDからFです。 Dはデブです。 Fはファックです。 迷う余地がありません。 こういった言葉が苦手な「高尚な人」は外人とビジネスランチでもしていてください。 問題はEです。意外と難しい。 エロ。これは一見よさそうだけど…

フォネティックコード ABC編

「四谷でーすか」です。 前回予告したとおり、本日の授業では、僕が考えた「世界最強のフォネティックコード」をやってみたいと思います。アルファベットはAからZまであるので、今日はABCのみです。 では、さっそくAから。 もちろん「アベノミクスのA…

フォネティックコード序説

「四谷でーすか」です。 皆さんは電話でメールアドレスを伝える時に苦労したことありませんか。 yotsuya@gmail.comです。 となんど言っても、 yotsuya@tmail.comですね。 みたいな感じで拉致があかない。 なんで、こんな時は「フォネティックコード」を使え…

仕方なく俳句

今夜は書くことがないので、仕方なく俳句を書きます。こういった俳句のことを「仕方な句」と呼びます。 風吹きて 芒揺れたり 仕方なく

予告編がやってくる

小学生の頃、僕はスターウォーズに熱狂。寝る前、続編を考えるのが習慣になりました。基本的には「登場人物のほとんどが死んで、最後に満身創痍のダースベーダーが勝つ」パターンです。 スターウォーズに飽きた後も、架空の映画をベッドの中で上映する日々は…

ノンフィクション

先程、僕の乗っていた電車が急停車しました。 「ただいま通過した◯◯駅の階段でお客様が転倒したという情報があり、安全確認のため急停車致しました」 「ただいまこの電車の安全が確認されましたので運転を再開します。なお、後続の電車は遅れる可能性がござ…

文芸春秋 隔週の詩

もちろん文藝春秋のもじりです。 隔週発売。年間約2万部。 意外と侮れない栃木の地方誌です。 名物コーナーは「隔週の詩」。 「今月の詩」のもじりでしょう。 投稿された作品の中から毎回3編、掲載しています。 レベルは大したことないのですが、選者である…

天才人語 夕刊

松茸のシーズンがやってきた。松茸のお吸い物にご飯を入れて、お茶漬けみたいに食べてみたいというのが、筆者の長年の夢である。 ややすべってる書き出しですね。 故司馬遼太郎さんも同じことを言っていた。 司馬遼太郎の引用はマストです。 来年、消費税率…

天才人語 朝刊

もちろん天声人語のもじりです。 うまくいけばシリーズ化も企んでいます。 秋になって涼しい日が増えてきた。 まさに「ザ・書き出し」ですね。 故司馬遼太郎さんも同じことを言っていた。 司馬遼太郎の引用はマストです。 庶民の懐にはいつになったら春が来…

シンメトリック

こんばんは。 「四谷でーすか」です。 前回はシンメトリックについて勉強しました。 覚えていますか? 左右が限りなく似ている、です。 ちょっと難しかったですね。 二本の指をぼんやり見ていると一本に見える。 そんな実習もしてみましたね。 でも、いつま…

なぜ電車の中で電話をしてはいけないのか

誰もが一度は思ったことがあると思うけど、電車の中で電話していけないのはなぜだろう。 酔っ払いどもが大声で騒いでいたり、馬鹿なカップルがイチャイチャしたりしているのに。 電車と電話。どことなく似ているからだろうか。 ラッシュの電車ならわかる。 …

コンビニのおにぎりについて

あはは。 大きく出ちゃった。 自分がコンビニのおにぎりについて語るレベルに達していないことくらい重々承知ですよー。 コンビニのおにぎりは 1個じゃ足りない。 2個でも足りない。 3個だと炭水化物とりすぎー みたいな あれれ、語れちゃった。 終わり