本屋大賞はとってない

本屋大賞はとっていません

猫カフェ

今週のお題「ねこ」

猫カフェ、行ったことありますか?

僕はないです。

猫に興味がないから。

で、いま思ったのだけど、

世界一おいしいコーヒーを出すカフェが

たまたま

猫カフェだったらどうしよう。

猫をとるかカフェをとるか難しいところです。

終わり

私の彼は表彰状

今週のお題「表彰状」

今回も無意味なタイトルで始まりました。

僕は表彰状とは無縁の人生。

無縁仏なんです。

今のギャグ、表彰状がもらえるかな?

結論。

もらえる。

「『無縁の人生』を題材にしたダジャレ大会」

があるならば。。

終わり

チョコに託した告白

今週のお題「バレンタインデー」

取調室にて

彼が好きだったんです。

それで、チョコを食わせた。。

はい。

なぜ、バレンタインデーの翌日に、、

忘れてたんです。

そうか。失念してたんだな。

はい。すっかり忘れてました。

それでも、愛していた?

はい。

君はなぜ自首してきたんだい?

わかんない。

え?

わかんない。

彼とは?

付き合ってます。

のろけ?

ごめん。

マジでのろけ?

うん。

もしかして、君、男?

そだよ。

終わり

 

オリンピック

今週のお題「バレンタインデー」

彼は思った。

金メダルよりチョコが欲しいと。

彼女から、

義理じゃない、

心のこもった、

銅メダルみたいな色の

銀メダルのような包み紙の

チョコを。

性格のよい美人

今週のお題「ゲン担ぎ」

僕は性格のよい美人と付き合うと幸せになる傾向があります。

つまり、性格のよい美人が「ゲン」なのです。

そして、その女を僕は「担ぐ」わけなのですが、実際には貢がされている自分がいるのです。

誠にもって残ゲンな話です。

トホホ。

ゲンを担いで元気いっぱい!

今週のお題「ゲン担ぎ」

いきなりダジャレから入ってしまいました。

ゲン担ぎで元気を担ごう!

すでに縁起が悪いです。

というわけで、僕のゲン担ぎ。

それはいつもと違う歩き方をすることです。

なぜかというと、、

いまの「なぜかというと」は、小学生が作文で多用する一種のゲン担ぎです。

で、僕は大人になってからも、勝負どきには「なぜかというと」と言うことにしてます。

終わり

京都大学、出題ミス、対策

四谷でーすかです。

最近、大学の出題ミスが目立ちますね。

大学失格です。

とはいえ、君たちは京都大学に入りたいわけだから、出題ミス対策をしておかなくてはなりません。

さっそく問題です。

次の文章の◯◯◯に当てはまる言葉を答えなさい。

「女の胸は◯◯◯方がいい」

いかがでしょうか?

頭のいい皆さんは、「えー、『大きい』か『小さい』かは趣味の問題だから、正解なんてないよー。出題ミスだよー」と思うことでしょう。

でも、それは読みが甘いです。

考えてみてください。

問題が「女はおっぱいが◯◯◯な方がいい」だったなら、正解は絶対に『大きい』になるはずです。「おっぱい」なんて単語をしゃーしゃーと試験問題に用いるような下衆はボインが好きに決まっています。

だから当然、「胸」という言葉を用いた出題者はスレンダー好きに決まっているのです。

正解は『小さい』なのです。

今日の授業はかなり低レベルだな。

これでは全日本国際地球大学にも合格できませんね。

時間の無駄でした。

ではまた来週。